独白するユニバーサル横メルカトル Egg Man

種類:DVD
発売日:2009/01/07
参考価格:3,024円
DMM価格:2,721円(税込)
OFF:303円(10%)


平均評価:★★★☆☆(3点)
レビューを見る


取寄:納期・発送の目安
(全国送料無料)


クレジットカード決済なら27pt獲得

お気に入り:登録
商品情報
収録時間:42分
シリーズ:----
出演者:小形満 浜田賢二 世戸さおり 伊丸岡篤
監督:奇志戒聖
字幕:
音声:ステレオ/日
ジャンル:ホラー
メーカー:ポニーキャニオン
商品説明
「このミステリーがすごい!」第1位を獲得した平山夢明の短編サイコホラー小説を3Dアニメ化。独房に収容された猟奇殺人犯・エッグマンは、隣室の囚人・205号と親しくなる。しかし、彼が精神安定のために製造されたロボットだと感付いたエッグマンは…。

取寄:納期・発送の目安
(全国送料無料)


※商品の在庫状況について
※初回版・限定版・予約商品・特典付き商品について
※返品・交換について

他のサービスでこの作品を見る
月額レンタルで借りる

ユーザーレビュー
不気味な雰囲気はCGの硬質な表現に合っているが内容はイマイチ。
├投稿者:シュレディンガーさん
└評価:★★★☆☆ 普通
猟奇殺人鬼が主人公であり、独房の隣人や自分を捕まえた女刑事との会話劇。
無論、単純に「それだけ」ではなく、そこには「謎」が含まれているのだが。
原作では知らないが、本作では普通に見ていてオチは読めてしまった。
「そこ」に至るまでに伏線が「露骨」過ぎたのが原因でしょう。
ただそうなってくると前半にあった「あれ」はどうなるのか?
(まあ、説明は付けられますが、作品中では語られなかったので)
「不気味さ」は伝わるし、ラストのオチも良いとは思いますが、もう少しラストを「盛り上げる」演出が途中にあっても良かった気がします。
最後まで見てしまうと、途中の会話が「意味があったのか?」と思うシーンもあり、その辺をしっかりラストに「繋げる」工夫が欲しかった。


このレビューについて、2人中、0人の方が「参考になった」と投票しています。

>>この商品のレビューをもっと見る
▲ページトップに戻る

バスケット
お気に入りリスト
通販トップ
DVD・Blu-ray/CD/本・コミック/ゲーム/ホビー
アダルト通販トップ
会員登録/ログイン
お客様情報
DMM.comトップへ
DMM.R18へ
対応機種一覧
メルマガ設定
ヘルプ/規約一覧
会員規約
個人情報保護に関して
特定商取引法に基づく表示
通信販売規約
マーケットプレイス購入規約
携帯電話の変更について
DMM