十二国記 風の万里 黎明の空 第2巻

種類:DVD
発売日:2003/07/16
参考価格:5,184円
DMM価格:----


平均評価:★★★★★(4.5点)
レビューを見る


取り扱いが終了しました
(全国送料無料)

クレジットカード決済なら46pt獲得

お気に入り:登録
商品情報
収録時間:75分
シリーズ:十二国記
出演者:久川綾 子安武人 石津彩 うえだゆうじ(上田祐司) 相沢正輝 山口勝平 岡野浩介
監督:小林恒夫
字幕:
音声:
ジャンル:テレビ アドベンチャー ファンタジー
メーカー:ポニーキャニオン
商品説明
シリーズ最長の「風の万里」編に突入。慶国先代の王の妹をニセの王として立てることで、慶国が自分の国よりも豊かにならないよう企てた塙王。だが、その陰謀はもろくも消え去り……。

取り扱いが終了しました
(全国送料無料)

※商品の在庫状況について
※初回版・限定版・予約商品・特典付き商品について
※返品・交換について

他のサービスでこの作品を見る
月額レンタルで借りる

ユーザーレビュー
運命は自ら助ける者を助くのだー
├投稿者:tenjdさん
└評価:★★★★☆ 良い
「風の万里−」編は、これまでと比べて登場人物が多くなって、官吏なんか区別がつかないよー。
さて、現代の女子高生だった陽子は、王位に着いても、国情も政務も解らないので、どのようにしたら国がまとめられるのか悩みます。王に選ばれるような人物なので、こんなに悩んでしまうのだろう。でも、前の予王なんかは、景麒に選ばれたのに、すぐ政に倦んでしまったのに。それは慶のインターバルという天啓だったのかしらん。
鈴も祥王夏(みんなどうしてけいって出してるの?)も困難な目に遭うのだけど、どうしてこんな目に遭うのか世を恨むばかり・・・なのだけど、こんな境遇に置かれたらそうなるのもしかたがないと思う。どうなるのか知ってるのでいいけど、女の子たちが変わっていく過程は、道徳くさくてハナにつかないでもないのだけど、それは私の蒙を啓くということで。
いちばん最後に気に入りのキャラが出てくるので楽しい。

このレビューについて、1人中、1人の方が「参考になった」と投票しています。

>>この商品のレビューをもっと見る
▲ページトップに戻る

バスケット
お気に入りリスト
通販トップ
DVD・Blu-ray/CD/本・コミック/ゲーム/ホビー
アダルト通販トップ
会員登録/ログイン
お客様情報
DMM.comトップへ
DMM.R18へ
対応機種一覧
メルマガ設定
ヘルプ/規約一覧
会員規約
個人情報保護に関して
特定商取引法に基づく表示
通信販売規約
マーケットプレイス購入規約
携帯電話の変更について
DMM