十二国記 風の海 迷宮の岸 第2巻

種類:DVD
発売日:2003/04/16
参考価格:5,184円
DMM価格:----


平均評価:★★★★☆(4.33点)
レビューを見る


取り扱いが終了しました
(全国送料無料)

クレジットカード決済なら46pt獲得

お気に入り:登録
商品情報
収録時間:75分
シリーズ:十二国記
出演者:久川綾 子安武人 石津彩 うえだゆうじ(上田祐司) 相沢正輝 山口勝平 岡野浩介
監督:小林恒夫
字幕:
音声:
ジャンル:テレビ アドベンチャー ファンタジー
メーカー:ポニーキャニオン
商品説明
人気ファンタジー・ノベルをアニメ化した『十二国記』もこの巻で終了。古代中国に似た架空の世界を舞台にした、神秘と冒険あふれる世界が展開。主人公の少女の成長物語としても楽しめる。

取り扱いが終了しました
(全国送料無料)

※商品の在庫状況について
※初回版・限定版・予約商品・特典付き商品について
※返品・交換について
※ユーズド商品とは?

新品/ユーズド商品
1,500円より(1件)

他のサービスでこの作品を見る
月額レンタルで借りる

ユーザーレビュー
ロリショタとは一味ちがってドキドキするよ
├投稿者:tenjdさん
└評価:★★★★☆ 良い
要くん、新潮文庫の表紙ではトロアみたいでかっこいいのに、アニメでは、ぼっちゃん刈りでいやん。
さて、小説で、泰麒が馬尭宗に誓約するところ、これJune史上に残る名シーンだと思っている。小さい泰麒が、罪に堕ちようとしていると自覚しながらも、王に叩頭する__天勅を受けてそうなってしまうのは、麒麟の性なのだけど、そうでなくて、これは偽りだ、なのにこの人に王でいて欲しいと願ってしまうから偽りの誓約をする__という、恋情溢れる、色っぽい、ゾクゾク、ドキドキするシーンなのだ。邪ま?これまでの生でいちばん大切な人に出会ったら、それは恋人じゃなくてなんなのよう!!
というように小説のこのシーンはドキドキしながら読むのだけど、アニメではこのシーンが短くて惜しい。小説ではこう、畳みかけるように泰麒の心情が語られていて、泰麒ともども激情に押し流されていくー、っのが良いのだ。

このレビューについて、1人中、1人の方が「参考になった」と投票しています。

>>この商品のレビューをもっと見る
▲ページトップに戻る

バスケット
お気に入りリスト
通販トップ
DVD・Blu-ray/CD/本・コミック/ゲーム/ホビー
アダルト通販トップ
会員登録/ログイン
お客様情報
DMM.comトップへ
DMM.R18へ
対応機種一覧
メルマガ設定
ヘルプ/規約一覧
会員規約
個人情報保護に関して
特定商取引法に基づく表示
通信販売規約
マーケットプレイス購入規約
携帯電話の変更について
DMM