ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場

種類:DVD
発売日:2004/12/03
参考価格:1,620円
DMM価格:----


平均評価:★★★★☆(3.67点)
レビューを見る


取り扱いが終了しました
(全国送料無料)

クレジットカード決済なら14pt獲得

お気に入り:登録
商品情報
収録時間:130分
シリーズ:----
出演者:クリント・イーストウッド
監督:----
字幕:
音声:
ジャンル:アクション
メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
商品説明
生涯を海兵隊に費やした軍曹が、エリート将校を指揮するために戻ってきた。最初はお互いの主張がまるで異なり、あからさまな敵意を剥き出しにするが、やがて将校たちは鬼軍曹に惚れ込んでいき……。

取り扱いが終了しました
(全国送料無料)

※商品の在庫状況について
※初回版・限定版・予約商品・特典付き商品について
※返品・交換について

他のサービスでこの作品を見る
月額レンタルで借りる

ユーザーレビュー
あのう、これもC・イーストウッド主演・監督作なんですけれど
├投稿者:フルハウスさん
└評価:★★★★☆ 良い
アクションスターにとって軍人を演じるのはいわばお約束みたいなもの。ただ、荒唐無稽なランボー的アクションじゃなし。
軍隊の背骨であり、その精強さを支えるのはひとえに下士官の質だと言われている。戦闘のプロは下士官なのだ。彼らが兵を訓練し、纏め上げ、闘わしめる。士官は棒振り役、つまり作戦指揮だ。マスター・キートンはSAS伍長だし、『コンバット』ですぐ思いつくのはサンダース軍曹だものね。軍の中の下士官という存在を理解するにはうってつけの作品だ。
戦争モノというより軍隊モノ。半端者の寄せ集めを鬼リーダーが鍛え上げるっていう骨格はスポ根のパターンだ。軍隊という場に置き換わられた『頑張れベアーズ』の一種だと考えると腑に落ちる。だから反戦でも、哲学的テーマがあるわけでもない。Bang Bangって敵をやっつけて、目出度しめでたし。他愛ないといっちゃ他愛ないが一応地に足が着いてる分、娯楽作としては上等。

このレビューについて、3人中、3人の方が「参考になった」と投票しています。

>>この商品のレビューをもっと見る
▲ページトップに戻る

バスケット
お気に入りリスト
通販トップ
DVD・Blu-ray/CD/本・コミック/ゲーム/ホビー
アダルト通販トップ
会員登録/ログイン
お客様情報
DMM.comトップへ
DMM.R18へ
対応機種一覧
メルマガ設定
ヘルプ/規約一覧
会員規約
個人情報保護に関して
特定商取引法に基づく表示
通信販売規約
マーケットプレイス購入規約
携帯電話の変更について
DMM