緋牡丹博徒 お竜参上

種類:DVD
発売日:2004/11/21
参考価格:4,860円
DMM価格:----


平均評価:★★★☆☆(3点)
レビューを見る


取り扱いが終了しました
(全国送料無料)

クレジットカード決済なら43pt獲得

お気に入り:登録
サンプル画像
商品情報
収録時間:100分
シリーズ:緋牡丹博徒
出演者:菅原文太 嵐寛寿郎 富司純子(藤純子) 若山富三郎(城健三朗) 山城新伍
監督:加藤泰
字幕:
音声:
ジャンル:アクション ドラマ 極道・任侠
メーカー:東映
商品説明
藤純子の当たり役として人気を博した「緋牡丹博徒」シリーズの第6作目。シリーズ3作「花札勝負」の後日譚ともいえるストーリーで、加藤泰監督のダイナミックながらも繊細な演出が光る最高傑作である。シリーズ初登場の菅原文太演じる渡世人・青山常次郎とお竜の切ないロマンス、そして花札賭博とラストの殴り込みシーンにおける、静と動のコントラストなど、見どころ満載だ。

取り扱いが終了しました
(全国送料無料)

※商品の在庫状況について
※初回版・限定版・予約商品・特典付き商品について
※返品・交換について

他のサービスでこの作品を見る
月額レンタルで借りる

ユーザーレビュー
加藤泰の最高傑作
├投稿者:redocatさん
└評価:★★★★★ 非常に良い
この映画には前日譚があり、
「緋牡丹博徒・花札勝負」に登場する盲目の少女を探すお竜の話です。
その少女と巡り合う前半のワンシーンワンカットの場面が素晴らしく、
巧みな画面構成と淀みない人物の動きから、
やもすると陳腐になりがちな人情噺を劇的に叙情豊かに描きます。
後半は文太扮する東北出身の侠客との淡い報われない恋を描き、
特に雪の橋での別れは任侠映画屈指の名シーン。
菅原文太自身が東北の出身で、
逆境に挫けない気骨ある役は俳優自身が反映されているのかも。
最後の浅草十二階での藤純子の姿は、
さながら八百屋お七か白拍子の如く。
加藤泰特有の美学が詰まった作品ですね。


このレビューについて、0人中、0人の方が「参考になった」と投票しています。

>>この商品のレビューをもっと見る
▲ページトップに戻る

バスケット
お気に入りリスト
通販トップ
DVD・Blu-ray/CD/本・コミック/ゲーム/ホビー
アダルト通販トップ
会員登録/ログイン
お客様情報
DMM.comトップへ
DMM.R18へ
対応機種一覧
メルマガ設定
ヘルプ/規約一覧
会員規約
個人情報保護に関して
特定商取引法に基づく表示
通信販売規約
マーケットプレイス購入規約
携帯電話の変更について
DMM