終の信託 (ブルーレイディスク)

種類:Blu-ray
発売日:2013/04/19
参考価格:6,156円
DMM価格:5,540円(税込)
OFF:616円(10%)


平均評価:★★★☆☆(3点)
レビューを見る


取寄:納期・発送の目安
送料無料 (全国一律)
1注文2,000円以上で送料無料



クレジットカード決済なら55pt獲得

お気に入り:登録
商品情報
収録時間:144分
シリーズ:----
出演者:草刈民代 浅野忠信 大沢たかお 役所広司
監督:周防正行
字幕:日本語字幕
音声:5.1サラウンド/日/DTS-HD マスター・オーディオ
ジャンル:ドラマ ヒューマンドラマ Blu-ray(ブルーレイ)
メーカー:東宝
商品説明
『それでもボクはやってない』の周防正行監督が、終末医療の現場を舞台に愛と死に直面した人間を冷静な視点で描いたヒューマンドラマ。主演は『Shall we ダンス?』以来16年ぶりのコンビとなった草刈民代と役所広司。※PG12

※こちらはBlu-ray Disc専用ソフトです。対応プレイヤー以外では再生できませんのでご注意ください。

取寄:納期・発送の目安
(全国送料無料)


特典・セット商品情報を見る
※商品の在庫状況について
※初回版・限定版・予約商品・特典付き商品について
※返品・交換について

他のサービスでこの作品を見る
月額レンタルで借りる

ユーザーレビュー
残念
├投稿者:茶子さん
└評価:★☆☆☆☆ 非常に悪い
先ず役所演じるエギなる人物の行動は「尊厳死」ではなく「自殺」である。尊厳死とは終末期ではあっても「生を使い尽くす」「生ききる」ことが前提であり、その上で不必要な延命処置を拒むことである。
現在、日本尊厳死協会の活動に対しても自殺ほう助ではないかとの批判があるようだが、自殺と尊厳死は明らかにその立っているスタンスが違うのである。
本作を観た後、思うのはこの場合、明らかに検事が正しいということである。
「リビング・ウイル」も明確にせず、自身の終末を医師のみに丸投げし、服薬もせず、頓服薬も保持せず出歩くなど論外の行為であり、尊厳死とは判断できない。
またこの医師のとるべき正しい行動は、本人の意思を家族に正確に伝える機会を作り、DNRに該当する旨を施設の上級職医師へ伝えておくことだろう。
「尊厳死」や「看取り」というものを勘違いして、法の執行者だけを非情に描いているのは社会派作品として問題である。

このレビューについて、1人中、0人の方が「参考になった」と投票しています。

>>この商品のレビューをもっと見る
▲ページトップに戻る

バスケット
お気に入りリスト
通販トップ
DVD・Blu-ray/CD/本・コミック/ゲーム/ホビー
アダルト通販トップ
会員登録/ログイン
お客様情報
DMM.comトップへ
DMM.R18へ
対応機種一覧

ヘルプ/規約一覧
会員規約
個人情報保護に関して
特定商取引法に基づく表示
通信販売規約
マーケットプレイス購入規約
携帯電話の変更について
DMM