カビリアの夜 完全版

種類:DVD
発売日:2006/10/27
参考価格:2,700円
DMM価格:----


平均評価:★★★☆☆(3点)
レビューを見る


取り扱いが終了しました
(全国送料無料)

クレジットカード決済なら24pt獲得

お気に入り:登録
商品情報
収録時間:113分
シリーズ:----
出演者:ジュリエッタ・マシーナ アメデオ・ナザーリ フランカ・マルツィ フランソワ・ペリエ
監督:フェデリコ・フェリーニ
字幕:
音声:
ジャンル:ドラマ ラブストーリー
メーカー:東北新社
商品説明
男たちに騙され続けながらも前向きに生きていく娼婦。約5分間の未公開シーンを加えた完全版。特典も収録。「LOVE!シネマ 2005」キャンペーン。

取り扱いが終了しました
(全国送料無料)

※商品の在庫状況について
※初回版・限定版・予約商品・特典付き商品について
※返品・交換について

他のサービスでこの作品を見る
月額レンタルで借りる

ユーザーレビュー
Cabiria
├投稿者:Melqartさん
└評価:★★★☆☆ 普通
内容的にははっきり言ってどうでもいいのだが、脚本にパゾリーニが加わっている。
問題はタイトルである。
カビリアとは、当然、イタリアのジョバンニ・パストローネ監督の映画史上不滅の名作、「Cabiria」(1914)からの引用である。
アメリカの大巨匠DWグリフィス監督も「イントレランス」にてカビリアを引用している。このカビリアを理解せずして映画とは何かを語ることは絶対に、出来ないのである。
カビリアとはどういう映画かということを少し説明すると、第二次ポエニ戦争のローマとカルタゴの戦いを映画化したものである。ギュスターヴ・フローベールの『サランボー』の描写も取り入れられている。
カビリアとは「火から生まれた」という意味でありダヌンツィオがタイトルを与えた。名は体を表すのであり、その供犠の様子を象徴的に表現している。
結論としてはカビリアとは娼婦であり、巫女のような女だということなのである。

このレビューについて、0人中、0人の方が「参考になった」と投票しています。

>>この商品のレビューをもっと見る
▲ページトップに戻る

バスケット
お気に入りリスト
通販トップ
DVD・Blu-ray/CD/本・コミック/ゲーム/ホビー
アダルト通販トップ
会員登録/ログイン
お客様情報
DMM.comトップへ
DMM.R18へ
対応機種一覧
メルマガ設定
ヘルプ/規約一覧
会員規約
個人情報保護に関して
特定商取引法に基づく表示
通信販売規約
マーケットプレイス購入規約
携帯電話の変更について
DMM