ワンダとダイヤと優しい奴ら 特別編

ユーザーレビュー一覧(全5件)
1-5件表示
▼並び替え
犬映画
├投稿者:redocatさん
└評価:★★★★☆ 良い
犬に因むギャグがしつこい程繰り返されるけれど、
犬好きの人は見ないほうが賢明かも。
このしつこさがモンティパイソンかな。
ジェイミー・リー・カーティスが母譲りのいい体してるのと、
ケヴィン・クラインがどうかしちゃってるのが見所。
英国式おバカ映画の定番物です。


このレビューについて、0人中、0人の方が「参考になった」と投票しています。


面白いけど、エロネタなので、心に残りません。
├投稿者:るる姉さん
└評価:★★☆☆☆ 悪い
アカデミー賞(助演男優賞)(1988年)
オットー役のケヴィン・クラインがアカデミーを受賞しました。
それで興味を持って観ましたが、面白かったけど、心には残らない、その時だけの作品です。
ジェイミーがセクシーな美女、という役柄ですが、豊胸手術をした鶏ガラにしか見えない。
そのせいで、作品に入り込めなかったのかも。
面白いといっても、下品なエロネタが多いので、付き合い初めのカップルや、子供のいる家族での鑑賞はやめたほうがよいでしょう。
これでアカデミー獲れちゃうのか、という印象です。
日本でいえば、バブル真っ盛りの頃ですね。世界的にふざけた時代だったんでしょうか。

このレビューについて、0人中、0人の方が「参考になった」と投票しています。


オトナの
├投稿者:怪獣さん
└評価:★★★☆☆ 普通
あまりにもわざとらしい外国産ドタバタコメディが好きじゃない人向けのオトナのコメディ。と言っても、暇つぶし系だけど。


このレビューについて、0人中、0人の方が「参考になった」と投票しています。


この手の作品の代表作です
├投稿者:ダブルマンさん
└評価:★★★★☆ 良い
モンティパイソンのテイストを取り入れたハリウッド映画の先駆け的な作品で、ケヴィン・クラインがオスカーの助演賞を取った傑作です。主役のクリーズに多少の物足りなさはあるけど、ケヴィンの狂いきったキャラクターは一度見たら忘れられないインパクトがあるし(マネしたくなります)、色っぽいカーティスとの掛け合いは最高に面白い。オチの馬鹿らしさも傑作で、アメリカでも評価の高いのがわかります。

このレビューについて、0人中、0人の方が「参考になった」と投票しています。


傑作です
├投稿者:ぴっぷさん
└評価:★★★★☆ 良い
全編イギリス人らしいブラックなユーモアにあふれた傑作。英国人と米国人の文化の差を皮肉るギャグが冴えまくり。ジェイミー・リー・カーティスのセクシー美女っぷリが素敵。吹き替えがあれば最高なのだが。

このレビューについて、0人中、0人の方が「参考になった」と投票しています。


1
並び替え
参考になった順 | 新着順 | 評価が高い順
>>商品ページへ戻る


▲ページトップに戻る

バスケット
お気に入りリスト
通販トップ
DVD・Blu-ray/CD/本・コミック/ゲーム/ホビー
アダルト通販トップ
会員登録/ログイン
お客様情報
DMM.comトップへ
DMM.R18へ
対応機種一覧

ヘルプ/規約一覧
会員規約
個人情報保護に関して
特定商取引法に基づく表示
通信販売規約
マーケットプレイス購入規約
携帯電話の変更について
DMM