欲望という名の電車

ユーザーレビュー一覧(全7件)
1-7件表示
▼並び替え
ヴィヴィアン・リーの迫力
├投稿者:マシャNo6さん
└評価:★★★★★ 非常に良い
マーロン・ブランド初めてだったんですけど、驚きました。こんなキャラクター当時いなかったんでしょうね。魅力的。
それ以上に驚いたのがヴィヴィアン・リーの迫力。『哀愁』『風と共に去りぬ』とは違った怪演でぶったまげました。

このレビューについて、2人中、2人の方が「参考になった」と投票しています。


Tシャツ
├投稿者:ペペロンチーノ鷹さん
└評価:★★★★★ 非常に良い
ピュリッツァー賞戯曲の映画化、Mブランドの出世作。英国伝統的演技のVリーとメソード演技のぶつかり合いが生んだ傑作。当時はTシャツは下着だったがこの映画の影響で普段着として流行した。零落した上流階級をリーが見事に演じ、あのスカーレットがとの落差もショッキングだったのだろう。イギリス俳優独特の詩でも吟じているような優雅な台詞回しに対して、肉体労働者のブランドはパッツンパッツンのシャツと二の腕を見せつけ荒くれぶりをセクシーに醸し出し感情を全身で爆発させる。かつてないタイプのヒーローの誕生であった。最近の言葉で言うと肉食系か。だが、今見ても生々しさに目を背けたくなるようなDVで、お子様にはお勧めできない。ヘイズコードで徹底的にカットされたそうだ。テーマとしては、貴族の没落と庶民の台頭、ブランチの言う通り、死の対極は欲望であり、欲望は電車のように止まることなく死ぬまで続く、ということだろう。

このレビューについて、2人中、1人の方が「参考になった」と投票しています。


オリオール
├投稿者:神亀さん
└評価:★★★★☆ 良い
名作ですが、登場人物が皆メチャクチャで観ていて疲れます。『猿の惑星』を
観たばかりだったので、キム・ハンターの顔がついジーラに見えてしまったり(笑)

このレビューについて、1人中、1人の方が「参考になった」と投票しています。


ヴィヴィアン・リーの演技力が光る。
├投稿者:マールさん
└評価:★★★★★ 非常に良い
父の死と共に南部の家を失ったブランシュ・デュボア(ヴィヴィアン・リー)はアルコールに身を持ち崩して、妹ステラ(キム・ハンター)が結婚しているニューウ・オルリンズのフランス街の家を訪れた…。

このレビューについて、2人中、1人の方が「参考になった」と投票しています。


この時代にこれですか!すごいなあ
├投稿者:葉子姐さん大好きさん
└評価:★★★★☆ 良い
まあ、あの時代にこの過激さ。当時の人達はぶっ飛んだでしょうね。今見ても暴力描写は陰惨で目を背けたくなります。役者たちの台詞もまるで格闘技。途中でいやになってきますが、ヴィヴィアン・リーの名演技で、とうとう最後までつき合わされました。不思議な感動に満ちたラストシーンには胸を打たれました。このドラマは新劇でもよく上演されたようですが、杉村春子もこんなド迫力だったのかしら。

このレビューについて、0人中、0人の方が「参考になった」と投票しています。


悲しみと欲望と
├投稿者:chikkoさん
└評価:★★★★★ 非常に良い
マーロン・ブランドの存在感、ヴィヴィアン・リーの深みのある演技、所作の美しさ。人の悲しみと欲望をしっかりと描いた感動的な作品でした。

このレビューについて、0人中、0人の方が「参考になった」と投票しています。


若きマーロン・ブランドが素敵。
├投稿者:雨猫さん
└評価:★★★☆☆ 普通
ストーリー的には何か引き込まれるというものもなく普通でしたが、最後まで飽きずに見ていられたのは若き頃のマーロン・ブランドと、年を重ねたヴィヴィアン・リーに興味があったから。
なので満足です。
奥深く考えれば、あの町があの生活が、あの人々が「欲望という名の電車」に乗っているということでしょうか・・・。


このレビューについて、0人中、0人の方が「参考になった」と投票しています。


1
並び替え
参考になった順 | 新着順 | 評価が高い順
>>商品ページへ戻る


▲ページトップに戻る

バスケット
お気に入りリスト
通販トップ
DVD・Blu-ray/CD/本・コミック/ゲーム/ホビー
アダルト通販トップ
会員登録/ログイン
お客様情報
DMM.comトップへ
DMM.R18へ
対応機種一覧

ヘルプ/規約一覧
会員規約
個人情報保護に関して
特定商取引法に基づく表示
通信販売規約
マーケットプレイス購入規約
携帯電話の変更について
DMM